MENU
    海外FXおすすめ業者20選!

    【驚愕】XMのゼロカットを解説!ロスカットされても追証にならない唯一の仕組み【NDD方式】

    今回はXMのゼロカットについて解説します。

    海外FXを利用するメリットの一つがゼロカットです。

    ゼロカットとは簡単に言うと、口座に入れた資金以上に追証(追加入金)などが発生しないシステムのことです。

    ゼロカットシステムがあれば、大きなレバレッジで取引をしてしまい、FXで借金ができてしまった…。

    という状況を避けることが出来ます。

    この記事ではXMのゼロカットシステムについて、詳しく解説していきます。

    FX初心者
    ゼロカットってなに?
    海外FX女子
    海外FXではゼロカットが必須!これなくして海外FXは語れないよ。
    Check!!

    XMってなに?XMってぶっちゃけどうなの?

    という方は完全ガイド形式で解説しているのであわせて見てくださいね。

    あわせて読みたい
    XMの評判・メリット・デメリット完全ガイド!得した?損した?評判と口コミを徹底解説 海外FX会社のなかでも世界最強FX会社が、XM。 本記事の内容:   XMをはじめようとしている人向け XM口座開設と入金のボーナス制度は超お得! そもそもXMって何?XM...

    [toc]

    タップできる目次

    XMのゼロカットとは(追証=借金にならない)

    ゼロカットは、口座残高がマイナス-100万円になっても、-1000万円になっても、-1億円になっても、全て口座残高をリセットしてくれる。

    口座に入金した証拠金以上には、追証などの追加資金が発生しないシステムです。

    ゼロカットが無いと、追証が発生し時としてFX会社にお金を支払わなければならない事態になる事もあります。

    つまりゼロカットシステムが無いと、利用しているFX会社に借金を作ってしまう可能性があるのです。

    資金を増やすことを目的にFXを始めたのに、準備している資金以上に予定外の借金を背負ってしまうと言うのは絶対に避けたい事態ですよね。

    ゼロカットシステムが採用されている海外FX (XM)の場合、FX口座に入金した証拠金以上には損失が発生しない仕組みになっているため、想定外の借金を背負ってしまう可能性をゼロにすることが出来ます。

    週5日24時間という寝ている間も動いている為替相場で取引する以上、準備した資金以上の損害が出ないゼロカットシステムは、安心して取引をするための必須条件とも言えます。

    ゼロカットシステムが無いと、取引をしたまま眠りについてしまい、朝目覚めたら、入金した資金以上に損害が出ていた!

    という悪夢のような事態を回避することが出来ます。

    では、ゼロカットシステムを採用していないFX会社の場合には、どのような流れで追証(追加入金)が発生するのでしょう。

    海外FX女子
    レバレッジをかけて取引する以上、ゼロカットはありがたいシステムだよ。

    3,000円ボーナスではじめる!

    ※無料で口座開設OK。5分で入力完了。

    >>XM 公式サイトはこちら

    ゼロカットじゃない場合:追証発生事例

    それでは、ゼロカットされない場合には、どのようにして追証(追加入金)が発生するのでしょう。

    順を追って解説します。

    追証(追加証拠金)とは

    通常はFX会社に取引に使うための資金(証拠金)を預けて取引を行います。

    その資金(証拠金)が一定以上減ってしまうと、FX会社から資金(証拠金)の追加を求められます。

    それが、追証です。

    追証は一度発生すると、例えば含み損から含み益に転換した場合であっても必ず入金する必要があります。

    期限までに、資金(証拠金)を追加入金できない場合には、現在持っているポジションが強制決済されてしまいます。

    ビットコインFXですが、このように追証が発生すると支払いが必須となってしまいます。

    海外FX女子
    普通、ここまでの追証が発生すると再起不能だよね。

    追証の発生条件

    追証の発生条件は、各FX会社により異なります。

    ほとんどのFX会社では、証拠金維持率が100%を切ると追証が必要になります。

    証拠金維持率とは、現在保有しているポジションに対し、FX口座残高がどのくらいの割合かを示す数字。

    証拠金維持率が100%というのは、保有しているポジションとFX口座残高が同じ割合であることを示しています。

    つまり、現在持っているポジションにマイナスが出てしまった場合には、不足している分の資金をFX口座に追加する必要が発生してしまいます。

    ここが追証が発生するタイミングですね。

     

    XMでゼロカットされるタイミング


    ※ゼロカットされずに残高がマイナス表示になっている

    ゼロカットされるタイミングは、XMの場合にはFX口座の残高とボーナス両方が無くなり強制ロスカットされた後です。

    強制ロスカットになると、一時的に口座残高がマイナスになってしまうことがあります。

    この口座残高はそのままにしておくと、リセットされゼロになります。

    なので特に問題はありませんよ。

    リセットされるタイミングは、リアルタイムではなく不定期で更新しているようです。

    実際にぼくも、マイナスのまま放っておいたら、気が付いた時にはゼロにリセットされていました。

    XMでゼロカットされないときの対処法

    不定期でFX口座残高がマイナスからゼロにリセットされることは説明しました。

    では、いつまで待ってもリセットされない、もしくは自分のタイミングでリセットしたい場合に任意リセットする方法は、FX口座に追加入金でリセットされます。

    追加入金をおこなうことで、マイナスの口座残高がリセットされ、その後に入金の処理がされます。

    マイナスのまま追加入金しても、入金額からマイナスされることはありませんので、安心してください。

    ぼく自身、マイナスの時に入金した経験がありますが、入金した額がそのまま口座に入金されていました。

     

    XM(海外FX)はゼロカットがなぜ可能なのか

    ゼロカットが可能な理由は、海外FX会社はNDD方式を採用しているからです。

    NDD方式とは:

    簡単に説明すると顧客である私達と実際に取引がおこなわれる市場との直接取引のこと。

    FX会社内では取引をおこなわず、全ての取引をインターバンク市場で行なっています。

    つまり、FX会社は私たち顧客と、場を直接つなぐ役割を担っています。

    NDD方式を採用しているFX会社の利益はスプレッドなどで、つまり、顧客が取引をすればするほど儲かる仕組みとなっています。

    なので、顧客とFX会社の利益は一緒ということ。

    できるだけ顧客に損はして欲しくないんです。

    顧客に安全にどんどん取引をしてもらい、大きく儲けてもらってさらに取引をしてもらいたい。それが自社の利益に繋がる。

    ですが、追証の存在があると顧客も取引量を増やしづらい…。

    そんな理由でゼロカットが採用されているのです。

    追証をゼロにすればFX会社の負担は大きくなりますが(追証を肩代わりしている為)それ以上に安心して取引をしてもらうことのほうがメリットが大きいということですね。

    ※ちなみにほとんどの国内FX業者は、DD方式を採用していてゼロカットがありません。

    NDD方式

    NDD方式の正式名称は、ノー・ディーリング・ディスク方式です。

    NDD方式のメリット

    • 取引の透明性が高い
    • 約定拒否が起こりにくい(市場との直接取引のため)

     

    NDD方式のデメリット

    • スプレッドが広い
    • スプレッドの変動が高い

    NDD方式は、直接市場と取引が出来るため、DD方式と比べ透明性が高いといえます。

    さらに、NDD方式と比べ、約定率も高く、なおかつ約定スピードも速いので取引機会を逃さないトレードが可能になっています。

    上記のように、メリットの多いNDD方式ですが、一つだけデメリットがあります。

    それが、スプレッドが広いという点です。

    スプレッドとは、取引をする際に支払う手数料と言い換えることが出来ます。

    8割が負けると言われているFX市場において、DD方式の国内FX会社は、自社で顧客の注文を抱えることで顧客の損益を利益にすることが出来ます。

    しかし、NDD方式を採用している海外FX会社は、顧客の損失を自社の利益にすることが出来ないため、スプレッド(取引手数料)だけが唯一の利益となっています。

    そのため、NDD方式の国内FXと比べると、スプレッド(取引手数料)が高くなります。

    DD方式

    DD方式の正式名称は、ディーリング・ディスク方式です。

    ディーリングとは、証券会社や銀行などの金融機関が、自らの資金を使って株式や債券、為替の売買をおこなう行為です。

    つまり、DD方式とは、私たち顧客とFX会社の間で取引を行う方式を指します。

    自分の注文がインターバンク市場に直接出ているわけではありません。

    インターバンク市場とは?

    インターバンク市場というのは、世界中の金融機関同士が為替取引するマーケットを指します。

    要約すると、顧客は儲かればFX業者は損をして、顧客が損をすればFX業者が儲かると言うビジネスモデルです。(利益相反の関係)

    ゼロカットを採用して取引量を増やしてもらってもFX会社の利益にはつながりません。なのでゼロカットを採用しているFX会社はないのです。

    DD方式のメリット

    • スプレッドが狭い
    • スプレッドの変動率が低い
      ※スプレットとは、取引をする際に発生する手数料

     

    DD方式のデメリット

    • 約定が拒否される場合がある(FX会社のさじ加減で約定するかどうか決まる)
    • FX会社との取引なので透明性が薄い

     

    DD方式の場合は、

    • 取引がFX会社内でおこなわれるため、FX会社に不利な条件で約定されない。
    • 取引の透明性が低い

    などのデメリットがあります。

    さらに、FX会社毎に取引をおこなっているため、FX会社によってはロスカット狩りと思われる、市場とはかけ離れた値動きをすることがあります。

    全ての取引がFX会社との相対取引となるため、FX会社が自社に都合のいいように、値動きを操作しているのではないかとの疑念が昔からあります。

    実際に、ある国内FX会社の値動きがニュースになり、FX会社からお詫びが出たことも…。

     

    XMは安全に取引が可能

    ぶっちゃけ、どの取引所も安全かどうかと言われるは難しいところ。

    ただ、XMでぼくも実際に出金したことがありますし、過去、出金できなくなったことはないようです。

    そして、ここまでXMが大きくなったことで、そのようなことをするメリットはひとつもありません。(悪評が広まれば誰も取引をしてくれないですからね。)

    なので、ぼくとしては問題なしと判断しています。

    3,000円ボーナスではじめる!

    ※無料で口座開設OK。5分で入力完了。

    >>XM 公式サイトはこちら

     

    まとめ:XMのゼロカットを解説!

    今回はXMのゼロカットを解説しました。

    ゼロカットは顧客の安全を守るためのものであり、安心して取引ができる環境です。

    さらに国内FX会社とは違い、NDD方式を採用しているため、顧客がたくさんトレードをしてくれるほどXMも儲かる。

    つまり、WIN-WINの関係なのです。

    XMで安心してハイレバトレードをしましょう…!!

     

    3,000円ボーナスではじめる!

    ※無料で口座開設OK。5分で入力完了。

    >>XM 公式サイトはこちら
     

    [XM:記事下]

    海外FXの始め方


    • 右も左もわからないFX初心者にやさしく解説
    • 基礎知識をゼロから理解!
    • 取引方法・リスク・稼ぐコツを徹底解説!

     

    CHECK NOW!!

    おすすめ海外FX
    始め方まとめ

    記事を読んで知識を深めよう!
    この記事の著者

    エミリ@海外FX女子

    お金についての知識をやさしく教える20代女子。 正しく稼ぐための『お金の知識』を伝えています。

    10年後の未来を自由で明るくできるかも。

    >>詳しいプロフィールはこちら
    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!